それなぁん’s 『Atopic Myelitis』難病ActiveBlog

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。主なテーマは『病気』『ラーメン』『ウォーキング』『生き物』の雑記ブログです。

日帰りで血漿交換ができる病院は全国でもあまり存在しない貴重な病院です。現代医療は凄いや…

免疫系の疾患の人には血漿交換は馴染みある治療法だと思いますが、パルス療法と同様に入院して行うのが通常です。

そもそも血漿交換とは何か?というと


透析みたいなものです。
と言うか原理は同じです。

血液をろ過して身体に戻す!

雑に言えばそんな感じです。

血液中の悪さをしてる何かを取り除いてしまう訳です。
なのでこれをやったあとが一番快調になれますね。

基本は入院しなければ出来ない治療です(;_・)


ところが先日セカンドオピニオンで伺った都内の国立病院ではなんと日帰りや一泊二日で行えるという話を聞いてびっくりしました。


私がやった時はまず首のレントゲン、及び超音波検査?で静脈の確認をして首にカテーテルぶっ刺して行ったので結構不便な入院生活を送りました。

あれを日帰りでどうやるのか…

いつもお世話になってる先生もビックリされてました(笑)


確かに入院せずにできるというのは良いですが、病院も近くはないので行くのが面倒になるから多分利用することはないかな?

電車で一時間以上かかるので血漿交換後に長い時間移動するのはリスクが高いです。

それに血漿交換は大抵数回やることになりますしね(-_-;)
一回だけとかなら喜んでやりますけども。

話を聞くと日帰りでやってる病院は全国でもほぼ存在しないみたいなので凄いことですよね。

流石国立は違うなぁ!?(煽り気味)

あの手間を考えると素人ながらも感心してしまいます。


私が先生から聞いたのは2ヶ所だけですね。
もう一つは順天堂大学病院!

それ以外の病院では聞いたことないとのことでした。


でもカテーテルとかどうするんだろ?

その都度刺して抜いてとかではないよね?
だとしたら嫌すぎる。

おそらく首に刺したりはしないでしょう…

腕とか足とか、透析と同じようにやるのかな?


個人的に入院中に一番嫌な瞬間は何だったのかと言いますと圧倒的にカテーテル刺すときでしたからね。

あのこれから手術します的な雰囲気から顔をシートで隠される不安とかもうたまりませんでした。

初めての時は子犬のように怯えてましたよ(;_・)

麻酔するので痛みはまあ許容範囲なのですが…

痛いのは麻酔の瞬間だけと言われたのですが、正直その後の方が痛かった。

何されてるか分かりませんがとにかく痛かった。
カテーテル突っ込まれてる時かね?


そして麻酔が切れたあとは唾を飲むのも辛いくらいに痛むので嫌でした。

ご飯が美味しく食べられないのはとても不幸なことです。

そんな苦い思い出しかないものですから次の入院が嫌で嫌で…

まあ忍び耐えるしか私には道がありませんので我慢しましょう。


それではまた