それなぁん’s Atopic Myelitisブログッ

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。

春からはたまに閲覧注意な記事があります(生き物関連)

少しずつですが春らしくなってきたような気がしますね。
今は河津桜が見頃なようですが、あとは花粉もきてますね。(いらない)

幸い私は軽い花粉症なくらいで日常生活でつらさを感じることはほぼありません。
重症な人の話を聞くと悲惨ですよね。(飛散だけに)

多分薬の効果で症状が出ないのかな。
免疫抑えるのいいっすね…


さて、みなさんにとって春という季節は何を思い浮かべますかね。

王道だと桜とかGWとか新年度とかですかね。

私にとっての春は生き物の誕生と目覚めです。

動物から昆虫まで幅広く好きです。
なんなら多分人間より好きです(^q^)

春は冬眠から目覚め、卵が孵る時期ですよ!
虫とか見ると春の訪れを感じるものです。


小学生の頃から私が好きなのは王道の生き物よりも嫌われもののジャンルでしたね。
一番は蜘蛛です。

理由は単純で、皆が触れないものに触れるとかっこいいだろうみたいな感じでまずは蜘蛛について色々勉強した覚えがあります。

そして捕まえてみたりね、不思議なことにあんな気持ち悪い見た目の蜘蛛も慣れるものよ。

そんな感じで自然と好きになりました。ゴキブリも別に素手で触れます。
すぐ足もげるのが嫌ですが。

毒虫とかは流石に危ないので手を出したりはしませんでしたね。
唯一手を出したのは毒蛇ヤマカガシ。
今考えると無茶でした。

大人になった今は触れ合う機会は減りましたが気持ちは変わらずです。
我ながら一途だと思います。

経験を詰んだせいなのか怖いと感じることも多くなりましたね。
噛まれるのは嫌です。


せっかくですし、これからの季節もし見つけて捕まえたりしたらそれこそブログに載せたいと思います。
なのでその時は閲覧注意と予告しておきます。


多分苦手意識の理由は見た目が気持ち悪いからが殆どだと思いますが、知識や理解を深めれば不思議とそういう抵抗はなくなるものです。

正体が分からないものは本能的に恐怖を感じやすいので逆に考えれば理解してしまえばなんてことないです。

とはいえ私も不意に出てくるゴキブリはビビりますし、昔背中からクモの巣に突っ込んだトラウマは一応ありますがほぼ克服しました。

その時期が来たら写真だけでなく、少しは役立つ豆知識を一緒に紹介できればと思いますので乞うご期待下さい。

春が待ち遠しいです。
一日千秋の気持ちで待つことになりそうです。

待ってろよお前ら。

ではまた