それなぁん’s Atopic Myelitisブログッ

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。

花粉症の春とバナナ禁の紙切れ

最近は暖かくなってきていよいよ春になってきたなと感じてきました。
これからは散歩が楽しくなる時期になってくるんでワクワクします。

とはいえ皆を悩ます花粉症の時期でもありますね。もう辛い想いしてる方いらっしゃるでしょう。

私はほぼ花粉症とは無縁です(*´-`)
何故なら常にアレルギー薬とステロイドを飲んでるから☺️

体に花粉が付こうがあまり反応しないのでまあまあ快適に過ごせてます。

全く症状がない訳ではありませんが病気に比べりゃ可愛いもんです。

少し目が痒いとかそれくらいでしょうか。


むしろ懸念すべきは服用してる薬の副作用ですかね。

眠りが浅い、体重が増えやすい、高脂血症、毛深くなる、便秘、エトセトラ

一年中季節関係なく悩んでます(*_*)
病と闘う人達は大変ですね~(他人事)
まあ慣れていくしかないなと私も諦めております。

バナナ禁


唐突ですけど私はバナナが大嫌いです。

フルーツは苦手な物が多いんですが、食べようと思えば食べられるって感じです。

ですが口に入れるのもツラいと感じるフルーツがバナナです。

味も臭いも食感も見た目も(意味深)全てが嫌です。
生理的に無理ってこういう物のことなんですね(;´д`)

でもバナナって定番の食べ物みたいな位置付けじゃないですか。
なので出てくる訳ですよ、病院の朝ごはんにね!

最初の入院で一番ツラかったのはバナナを食べなきゃいけないことでした。わりとマジでね。

2回目からは入院前のアンケートで嫌いな食べ物の欄があったのでバナナとキウイと書いたら出てこなくなりましたね。

ご飯と一緒に紙切れがあるんですけどそこにバナナ禁とはっきり書かれていました。



f:id:sorenan:20190409000813j:plain



私としては嬉しいんですけど、なんというか身体の為に嫌いなものもしっかり食えよ?みたいなスタンスでもいいんじゃないでしょうかと思いましたね。

まあ残されるくらいなら出さない方が良いってことなのでしょうが(^-^;


最後にバナナに関するちょっといい話を紹介します。

私甘いもの好きなので、ファミレスでデザートとかよく頼みます。
チョコ系のパフェとか最高ですよ(^q^)

でも大体チョコバナナパフェってなってます。

とりあえずバナナ入れとけば安定でしょ?みたいなスタンスムカつきます。
チョコバナナクレープとかね。

頼むときにバナナ抜きでお願いしますが、チョコバナナパフェでバナナ抜くって結構大きな挑戦だと思うんです。

苺のショートケーキ苺抜き
チーズバーガーチーズ抜き

みたいな感じで言ってる気がしちゃって恐縮してしまいます。この気持ち想像できますでしょうか(;´_ゝ`)

そんな感じで某ファミレスでチョコバナナパフェをバナナ抜きで頼んだのですが、持ってきたときに『チョコレートパフェでございます』とバナナ抜きについて言及しなかった店員さんがいらっしゃってなるほどな~と感動した覚えがあります。

今まで『チョコバナナパフェのバナナ抜きでございます』と噛んでしまいそうな長台詞を言わせるこっちも申し訳ないし、向こうも面倒に感じたでしょう。
お互い幸せにならない状況だったのですが…

この言い方なら向こうも言いやすいしこっちも罪悪感が減るwinwinな状況へと変化したのです。

接客の技を一つ学ぶことができましたとさ。
めでたしめでたし。

バナナじゃなく店員さんの話ですね(笑)

ではまた(-_-)/~~~