意外と元気な難病野郎Sorenan’s Atopic Myelitisブログッ

指定難病アトピー性脊髄炎になった私の難病雑記ブログです。病人らしくなく過ごしてます。

実は身近な大人の発達障害

大人になってから実は発達障害であったと発覚するという話をちょくちょく聞きます。

確かによっぽど日常で不便がない限りは検査を受けに行こうとも思わないでしょうし、周りの人が『検査受けた方がいいよ』とも言いづらいでしょうから診断が遅れてしまうパターンかなと考えてます。

実は最近私の身内で発覚した人がいます。

私目線で思ったことを言うと『これは沢山いるだろうな』という印象でした。

今まで発達障害の人は私の身近にいませんでした。

そして今までその人を発達障害では?と考えたこともありませんでした。

日常生活では全く問題なしの人なので尚気付かなかったのだと今は分かります。

本当に人により様々なタイプがあるみたいで、どういうタイプの発達障害なのかは私はわかりません。

でも世の中には自分で気付かずに苦しんでる人がごまんといるのだろうと思わされました。

私自身は検査したことはありませんが、もしかしたら発達障害かもと思ったことはあります。

でも今まで生きてきて不便を感じたことはないので別に検査してみようかな?とは思いません。

でも『みんなできるのに何で自分はできないのか』
とか『ダメ人間な自分が嫌だ』とか考えたことがある方は一度受けてみるのもいいでしょう。


LGBTの人も一クラスに一人か二人はいる
という話を聞いたことがありますが、以前は『そんなにいないだろ』と思ってました。

でも今ならそれくらいはいるのだろうと納得できます。
と言うか自分から公言する人なんてほぼいない訳ですし、そりゃ見るわけないよなと今は思えます。


自分が病気してからもですが、世の中の見方が変わることが多くなったと思いますね。
ポジティブな内容ではありませんが、自分の道徳心を見直す良い機会であったと思えます。


ではまた