それなぁん’s Atopic Myelitisブログッ

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。主なテーマは『病気』『ラーメン』『ウォーキング』です。

おちさんに聞きたいことと病気の状態を探る術

先に言っておくと大変下らない内容になりますのでご注意下さい。




『おち』という名字の方がいらっしゃると思いますが、私にはどうしても聞きたいことがあるのです。


例えば友達と誰かの家に遊びに行こうとなったときに、『○○んち行こうよ!』みたいな会話になることあったかと思います。

自分の家なら『自分ち』とか『あたしんち』とか言いますが…

おちさんの家に遊びに行こうってなった時は何て言われましたか?


これでなんとなく私の聞きたいことが分かっていただけると大変嬉しいです(*´-`)

直接的には言いません!

単純にどうなんだろうな~と気になった次第であります。


ちなみに『おっちー』というあだ名の方にも聞きたいですね。

知り合いにいましたが、女性だったので流石に止めときました(笑)
それくらいの常識は持っているつもりです。

いや~気になるな!


  • 脊髄炎の進行具合の見方

私は半年に一回程度MRIで撮影しましょうという話になってるので、中々脊髄の状況が分かりません。

なので普段の自覚症状から探るしかないんですが(-_-;)


診察をしてもらった時のことを参考にしてなるべく自分で見極めようと企んでいます。


一番やってるのは次ぎ足歩行テストですかね。

これはやってる方多いと思いますが。

綱渡りするときの歩き方みたいなやつです。(雑)


でも考えてみると病気になる前に普通の地面でやったことがないので、この歩行テストが健常者に難しいのかどうか分かりづらいですよね?


普段やる動きでもないので、やりにくさは感じやすいのかと思います。

私は一回目の入院では全然出来ませんでした(;_;)

ビデオカメラで撮られてるし!(照)

まあ慣れれば出来るようにはなるかな?という状態でした。


今日ふとやってみたら上手く出来なかったんです。

物凄く丁寧にやれば出来ますが、リズムよくテンポよくとはいきませんでした。

進行してるのかなこれは…


もうそろそろ退院して5ヶ月だし、おそらく時期的には炎症が進んできていてもおかしくありません。

明らかに悪くなったらすぐ来いよ!とは言われましたが、急性ではないのでまだ様子見しようかと思います。


また歩いたりしなきゃいけないしね。
便秘も今は全くなし、悪い状況ではないんです。

検査以外で上手く確かめられる方法とかあるといいですよね~。

ないかな~( ´∀`)

ちなみに精神神経センターでは体を色んな方向に押した時の反応を診て、『確かに脊髄炎ありそうだね』と言われました。

MRI要らずやんけ!( ・∇・)

あとは片足立のテストもやりましたが問題なしだった気がします。

あれは慣れてるってのもありそうですが…

自分で確かめるには流石に知識もなにもかも足りないので厳しそうです。

やっぱり医者は凄い!
と思わされましたね。



今回は真面目とおふざけ半々でしたね。
個人的に理想の割合なのですが、上手くいかないんです。

バランスって大事…

どちらかに偏るのは避けたいですが難しいものです。

ブログの経験を積まないとまだそこまで考える余裕は作れそうもありません。

継続は力なり!ですかね。

ではまた