それなぁん’s Atopic Myelitisブログッ

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。主なテーマは『病気』『ラーメン』『ウォーキング』です。

少子高齢社会の今は長生きする意味ある?

どうもです。

Twitterでいつも胡散臭い人を見るのにいい加減飽き飽きしてきたので、キーワードミュートとやらをやってみました。

『相互フォロー』『フォロバ』とかをミュートにしたらえらい平和になりました。

いちいち個人をミュートにするのは疲れますからね(-_-;)
いや~もっと早くにこの方法を知ってれば良かったと思いました。


そしてこの時期春アニメも始まってますが、今のところ『ワンパンマン』と『ひとりぼっちの○○生活』とこれから始まる『進撃の巨人』しか見るものがないです。

もう少し増やしたいんだけどね~…

ということでここから本題へ行きます!




高齢化社会なんて聞いて久しくなりましたね。
今ではもう高齢社会ですか?

そしてやがては超高齢社会!

単純に長生きするようになっただけでなく、更には少子化なんて言われてますから。

もう凄いことですよね。
悪い意味で。


池袋での事故が話題になってますが、案の定高齢者の人によるものでした。

先の短い人が長い人を殺めてしまうのはなぁ…
こんな言い方したくありませんが。

ニュースでよく高齢ドライバーによる事故を耳にするようになってきたのは恐らく気のせいではないでしょう。

こんなこと書いている間に今度はバスが事故ったみたいです。
ひぇぇぇ(;´_ゝ`)


よくある理由はブレーキとアクセル踏み間違えることですかね。

ちなみに私も踏み間違えそうになりそうなので運転はしないようにしてます。

というかしません!

足の位置感覚とかほぼありませんからね。

少なくとも誰かを乗せて運転することはしません!(断言)

ですが『片道切符でも構わないなら運転してもいいよ』と周りには言ってます( ´_ゝ`)


ブラックジョークってやつ?


そんな私ですが免許は更新していく予定です。

身分証明になるし、本当に最終手段として運転しなければならない世紀末的状況になることを想定してね( ´∀`)


そして高齢になるにつれて問題になることと言えば『認知症』ではないですか?


最近では危ないから免許返納すると言う人もちらほら耳にするようになりました。

ですがもし認知症を患っている人だと返納したことも忘れて運転なんてこともあるでしょうね。

身内でそういう人がいる場合は鍵の保管方法も考えなければいけません。

暗証番号式の物入れとか、あとは隠しておくとかね…


マイナスなニュースばかり飛び込んでくるからどうしても負の方向に考えてしまいがちです。


けど本当に現代は無駄に長生きし過ぎな気がします(-_-;)

健康寿命が延びることは良いかと思いますが…

こういう問題が目立つようになってきているのも寿命が延びてその分認知症の人も増えてきているからなのかな?

一昔前みたいに60とかで亡くなってる人が大多数の時代ならばこんなに問題になることもなかったろうに…


今では定年もどんどん伸びていくし、老後のスローライフを楽しめるなんてできなくなってきそうですね。

働いて働いて死ぬだけ…

虚しい人生になりそう(´・c_・`)

少子化が進む今は将来年取っても支えてくれる若者がいないことを意味しますしね。

ならこんな時代に長生きすることはメリットが無いように思います。

もっとも私は既に虚しい人生となっておりますが(笑)
いや笑い事ではないか。

老々介護なんて問題も聞きますし、本当にどうなってしまうんでしょう?

まさか若い外国人とか受け入れまくって多国籍国家みたいにならんだろうな…

血筋云々は別にどうでもいいですが、単純に治安が心配です。

荒れるだろうよ間違いなく…


そうならないようにもやっぱり安楽死制度とか必要になってくるんじゃないか?

数十年後とか。

○歳以上の人には安楽死を個人の意向で申請できる制度とかあったらな~。

なんて考えたりしてますが、浅はかですね。

でも何がなんでも生きなければいけない社会なんて私は嫌です。

この辺は倫理的な問題点なるから難しいんでしょうけども(´・ω・`)

生きることが絶対正義みたいな価値観は甚だ疑問です。


高齢社会に関する明るい話題が出てきてくれるといいのに…

国が問題として捉えてるから無理なんですけどね!



ふと思い出してみると、小学生の頃は限界まで長生きしたいと思ってました。

死ぬことは普通に怖いですしね?

なのにいつからこんな寂しい思考になってしまったんだろう。

心も身体もおじいさんになってきてるようです。

はい、おじいさんは大人しく寝ます。

ではまた…


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村