それなぁん’s 『Atopic Myelitis』難病ActiveBlog

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。主なテーマは『病気』『ラーメン』『ウォーキング』『生き物』の雑記ブログです。

ミスドはドーナツを食べる場所ではない、『汁そば』を食べる所だ!『ドーナツ屋』じゃなく『汁そば屋』を名乗るべきだと個人的に思う。

こんにちは。
今回は半分真面目の半分冗談みたいな内容ですがよろしくお願いします。


ドーナツのチェーン店といえば『ミスタードーナツ』を思い浮かべる人が多いと思います。


というよりは私、ミスド以外のお店は知りません。
最近コンビニとかでもよく見かけますし、ドーナツ業界もあまり広がりを見せないということなのか?

単に無知なだけですかね?(^-^)



ミスドは今やどこにでもあるので、珍しいお店ではありませんが…


私の近所には意外にもミスドが存在しないのであまり馴染みがないのです(-_-)

近くでも電車で一駅分くらい離れた場所にしかありません。

昔は近場にありましたが、潰れてしまいました。


ですが、それは大した問題ではありません。
何故ならば別にドーナツが好きじゃないから!


なので自分から一人でミスドに行くということはほぼ無いと言ってもいい(°Д°)

あくまでも友達との付き添いみたいな形でたまに訪れるくらいですかね。

その時はドーナツを頼んで食べたりしますよ。
季節の商品とかもありますし、嫌いではありませんので。

まあ普通に美味しいけど、クセにはならないという感じ。


ですがそんな私でも虜になった唯一認めている商品があるんです。



f:id:sorenan:20190904132613j:plain

汁そばです!


ミスドで一番好きな商品、圧倒的一位なのです!
334円でした。

この数字もまた色んな意味で面白い…



一緒にカフェオレも頼んでいますが、当たり前ながら絶望的に合わない。
まあお代わり自由なので頼んだみただけです。
ミスドはコーヒーとカフェオレはお代わりできるのが特徴です。

けどこんな奇天烈、破天荒な組み合わせができるのはミスドくらいではないかな?(笑)

これもなんやかんや面白い部分ですよね!?



さて、ここの汁そばの何がいいかと言いますと…?

鶏出汁と塩のシンプルな味ですよ(*´-`)
ホッとする美味しさです。

めちゃくちゃ美味いとかそういうレベルではないが、落ち着く味です。

例えば飲み会の後の締めとかに良さそうな感じと言いますか?
私は『締めのラーメン』という文化が理解できませんが、これならイケる気がします。


そして麺は細麺のツルツル食感。
あっさりなスープにぴったりです。

この麺はずっと変わらずなのかな?
昔と変わってるような気がするのは気のせいかな。


上に乗ってる小ネギも食感に良いアクセントを出してくれます。


何よりもちょうどいい量なのが好き\(^o^)/
多すぎず、少なすぎず!

飽きずに最後まで美味い!と食べられる物です。

汁も全部飲んでも大した罪悪感ありません。

まさにミスドの裏番長!と言えます。


個人的には『ドーナツ屋』ではなく、『汁そば屋』としてサイドメニューにドーナツを置くようにした方が良いと考えます。

むしろ完全に分業化しても良いですぞ?


『ミスタードーナツ』ではなく『ミスター汁そば』でいかがでしょうか?


多分ですが、ミスドも気づいていないのかと思います。

汁そばがドーナツを超える伏兵であることに…

飲茶メニューとしてあまり目立たないカテゴリーに区別されているのが勿体ないです。

一応ミスドごはんみたいなセットがありまして、汁そばも主役のものはありますが…



私の周りには汁そばを食べたことない人はおろか、存在すら知らない人がいましたよ。

正直それは終わってるぜ?(´Д`)

おそらくミスドに来てるのにドーナツを頼まないなんておかしい、と言う先入観も関係してるのでは?

汁そばが雰囲気に合っているかと言われれば合ってませんな確かに。

もっともそんなこと気にするようではおしまいだと思いますけどね!

つまらない人間だと思う(´・ω・`)


ともかく少し地味な存在であることは間違いないので、ミスドには是非もう少し宣伝してくれと願いたいです。


きっと私みたいな考えの人は結構いると思います!
全国百万人の汁そばファンの願いです(*´-`)



そして実はこの日数年ぶりに汁そばを食べました。

何故こんなにも空いたのか?

友達と行くときは大抵食事した後、デザートみたいなポジションが多かったから。

流石に汁そばをデザートと捉える程イカれてはいません( ´△`)



ちなみにカフェオレは合計3杯お代わりをいただきましたが、1杯がほどよいと学びました…

お腹が…

ではまた