食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ(Atopic Transverse Myelitis Intractable Disease Blog)

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。主なテーマは『病気』『ラーメン』『ウォーキング』の食べ歩き雑記ブログです。

たまたま目に入った大和の「吉み乃製麺所」で濃厚らーめんを食した感想。クセなくトロリとした魚介鶏豚骨スープはいいですな…なんかホッと落ち着く旨さでした。

こんにちは。
点字ブロックの上を歩いても感覚がないそれなぁんです。

別に困らないけどビックリしました。
最近気が付いたことなのです。



この日は大和駅に出没しまして、とあるお店に向かったのだが…

臨時休業でした!

たまにあるんだよな~…
せっかくのモチベーションが一気に消えました。

ともかくどうしたものかと悩んだ私はスマホで調べるのも面倒なのでとりあえず飲食店が集まるエリアへとふらふら放浪することに。

そうしたらちょっと気になるお店と出会いました。

こういう一期一会っぽい感じ好きなのですが分かる?


「吉み乃製麺所 大和店」

〒242-0016 神奈川県大和市大和南1丁目2−12 太陽ビル 1F

f:id:sorenan:20200520115002j:plain

駅から歩いて五分未満で着いてしまいます。

以前は確か無かったと思ったが、どうやら半年くらい前にオープンしたばかりのようです。

それに初めて見るお店です。

どうやら大阪からやってきた魚介と動物出汁のラーメン屋さんのようですぜ。

満を持して関東に殴り込みということですか!(多分違う)


なるほどそりゃ聞いたことないわけだ…
関東初出店が大和って立地的に微妙じゃない?

どうせなら都内の…なんて思うのは私だけか。

いいの?
まあ外野が気にすることではありません。


店内はやはり小綺麗な感じです。
券売機で食券を買って席に着く。

お水はレモン入りのやつだった!
久しぶりに見かけたな。
ほんのり酸味とスッキリ感が好きなんですよね~。


メニューをチラリ…

f:id:sorenan:20200520115007j:plain

外にも置いてあったのを見たが、ご飯ものとラーメンのセットを推していますね。

確かに濃厚系のラーメンならば相性は間違いなしでしょう。
しめの雑炊とか(^q^)タバーですわ。

値段も単品と比べればお安くなってます。

けど私はラーメン単品にしちゃった。
ライス付いても値段同じなのにね!

ばーか!(自虐)


ラーメンはアゴだしと豚骨に鶏ガラのスープがデフォです。
鶏を効かせた濃厚ラーメンや魚介豚骨つけ麺などどれも美味しそうです。

あとは二郎風のラーメンもやってる。
メニューは多すぎず少なすぎずでバランス良いかも?


濃厚らーめん 850円

f:id:sorenan:20200520115033j:plain

つけ麺と迷ったがこういうジャンルではついつい手を出してしまうので、たまにはラーメンにしてみました。

カイワレ大根とネギに味玉が付いてる!
良かった味玉追加しなくて…

ほんのり魚介の香りがします。
中々濃そうです。

いただきますん~。



スープは粘度があって見た目通り名前通りの濃厚さを感じます。

けど飲んでみると意外とスルスル飲める、美味しいです。
なんかホッとする濃厚さです。
夜勤明けに染みるよ~( ノД`)…

いつも食べる家系みたいなタイプとは全く違う!
いい…


麺は自家製のようだが、中細麺でモチモチした食感!
スープの持ち上げ具合もよかよかです。

これも旨い、安定してます。
白飯と食べるのが良かったかなと少し後悔!

けど人生とは後悔で出来てるからいいのです。


チャーシューは大きめで脂身多めでトロトロしてます。
お肉はホロリとした噛み応えを残してて塩梅が効いてる。

これもご飯が欲しくなるやつ。
やはりセットにすべきだった!


味玉は少し黄身が固まっているが、スープに浸して食べるとしっとり塩気と甘みでいい感じ。

合間にネギとカイワレでさっぱりさせる。
バランスも考えられてるようです。


卓上にもタマネギがあったので勿論ぶちこんでやりました。
外れようのない組み合わせだから止まらん…


ほとんどスープも飲んでしまった!
少し残ってフィニッシュです。

ごちそうさまでしたん。



非常に安定したクオリティーで美味しかったです。
四足歩行くらい安定してた。(意味不明)


安定しすぎると欲しくなるのはパンチです。
ご飯ものと組み合わせたり、味変アイテムを使いこなせば中毒性は増すだろうか?

個人的偏見だが、大阪からやってきたならもっと破天荒でもいいですよ?


ということで大和でラーメン食べたくなったら候補の一つに入れておくとします。

ではまた