食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ(Atopic Transverse Myelitis Intractable Disease Blog)

指定難病アトピー性脊髄炎ですがアクティブに過ごします。神奈川や東京周辺のラーメン類を食べ歩きまくります!難病のことも伝えられれば…

七月のウォーキング距離と病状の変化について。梅雨が明ければ私の時代がやってくる!けど身体が…

こんにちは
ウォーキングデッドのそれなぁんです。

死に損ないの徘徊野郎であることを考えれば私はゾンビと大して変わらないかと思います。

ちなみにウォーキングデッドは観たことありません!


梅雨でも意外と歩けることが発覚!

ということで毎月恒例の結果報告をさせていただこうと思いますが…

長い梅雨でしたね~!
まだ明けてないけど、天気予報を見るともう晴れが続くということで時間の問題かと思います。

と、ウェザーニュース見ながら書いてたら梅雨明けた!(笑)
なんというタイミングでしょう。
リアルタイム便利過ぎるぜ。

けどようやくか…待ちくたびれたぞ。


思えば毎日雨でしたね。
合間に曇るくらいで不安定な天気、散歩なんか捗る訳がない!

生き物も大して出てこないし?
本当につまらない時期だった。

けど歩数計を見てみるとこれが意外に歩いてたようでして、自分が一番驚いたものです。

f:id:sorenan:20200801100552j:plain

記録は238km!中々じゃない?


結構晴れの合間を狙ってプラプラしてたのでこれが意外と効いてたようです。

ノルマは課してるが、数字を意識しない方が伸びるんでしょうかね~??

とにかく先月よりは伸びました。
予想外だが良しとする。

しかも実は一回結構な距離歩いた日があるのですが、歩数計が何故か止まっててカウントされなかった日もあります。

多分250kmは歩けたと思います。
まあ証拠も記録もないのであれですが…

仕事してなければ月300kmもそんなに苦ではないと思います。

私が死ぬ気で頑張れば六日で歩ける計算!
一泊二日で100km長距離ウォーキングしてきた感想を述べる。超絶過酷な道のりだったけど国道のおかげでほぼ予定通りに行けたのは大きな成果であり自信になった… - 食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ(Atopic Transverse Myelitis Intractable Disease Blog)

そんなことしたら身体壊れるがな!(物理的に)
でも面白そう…

誰もやらないことをやることの面白さは本当に中毒性があるのですよ。


せっかくだから散歩中のベストショットなんかも載せるようにしますかね~?

大体生き物に限定されます。

f:id:sorenan:20200801100553j:plain

はい、鳩さんです!(笑)

川沿いでたそがれてました。

近付いても逃げないやつだったので、少し悩みを吐露しました。

鳩はしばらく黙りこくった後に向こう岸に飛んでいきました。

何も言わず聞いてくれる存在のありがたさが少し分かりました。
多分私の話は聞いてないだろうが。

ハトあんがと。


やはり病魔は徐々に忍び寄っている?

そして最も肝心なのは脊髄炎なのだが、これはMRIを撮らない限りは分かりようもない。


感覚的に言えば手の痛みから震え、足の感覚低下まで進行しているように思える。

靴下とかすぐ脱げるし、踵潰して靴を履いたりすれば間違いなく派手に転げることでしょう。

感覚って大事!
バランス保つのに必要不可欠なものなのです。


そして手の指は閉じるのは普通だが、明らかに開きにくい。
この症状は以前から何度も覚えがある。

再発のサインの一つなのだろうか?


けど筋力は相変わらず変化はあまりないようでそれが救いではある。

おかげでアホみたいに歩くくらいはできるし、小走りくらいなら何とかできる。

夏はウートフに注意が必要だが、そこまで神経質になる必要はなさそうです。

マスクもしてるから尚熱が籠りやすくなるけど…


というか暑さにはある程度慣れているのでそこも重要かと思います。
そういう身体作りも必要ですね。

そこだけは仕事に感謝!(辞めたい…)


そんなこんなでそろそろ久しぶりの病院にいく日が近付いてきました。

多分MRIも近く検査することでしょう。

仮に入院を勧められたらそのまま入院するか粘るか?
悩みどころです。

十数年後を考えれば早期治療がベストだが、その頃には生きてるつもりがないので特に考える必要はありません。

自分の寿命は自分で決める!
安楽死問題とかありますけど、いずれ日本は頼らざるを得ない状況になるかと予想してます。

まあその話はいずれできたら…


ということで夏場は熱中症に注意していきましょう。
あとウートフ!


ではまた