食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ(Atopic Transverse Myelitis Intractable Disease Blog)

指定難病アトピー性脊髄炎になったがアクティブに過ごします。神奈川や東京周辺のラーメン類を食べては歩きまくる!希少難病の存在を少しでも伝えたい…

「壱六家 上大岡店」でネギラーメンライス!。意外とあっさりな豚骨スープに意外と強めな醤油ダレ。もっと豚骨に振り切っていて欲しかったがまあまあ満足できました。

こんにちは
家系ラーメンwalkerのそれなぁんです。

歩きながら家系ラーメンを開拓しているのでまさに言葉通りを体現していると自負しています。


この日は一月末日、横浜市営地下鉄沿いで家系ラーメンの新規開拓を狙うことにしました。

ちょうど横浜にも用がありましたので都合が良い。

ということで一日乗車券の出番です。

以前ブログで紹介したことあるが、ラーメン屋巡りでもかなり使えます。
『横浜市営地下鉄』に安く乗る方法!一日乗車券が740円で大変お得です。途中下車自由ですぐに元が取れるなら使うしかないでしょう? - 食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ(Atopic Transverse Myelitis Intractable Disease Blog)


沿線は有名店も多かったりするのでね。
是非有効活用して下さいや。




「壱六家(いちろくや) 上大岡店」で家系ラーメンを食べよう!

最寄り駅は上大岡駅です。
京浜急行線と地下鉄ブルーラインの駅ですね。

思ったより栄えててビックリしました。
20年振りくらいにやってきたので実質初見で宜しいかな?

f:id:sorenan:20210201124619j:plain

そんな駅の目の前にある「Camio」の二階に「壱六家」があります。


壱系の総本山こそ磯子にある壱六家です。
神奈川県内を中心に幾つか店舗があります。

県内では有名家系チェーンに入るだろうな。

ただここは生ガラでスープを焚くスタイルなので資本系とは違うということを言っておきます。

お店での手作りスープです。


私の行動範囲で近場の店舗を探すとなると大和か上大岡が選択肢に入る。

大和店は一度行ったことあります。
なので今回はこちらに初訪問です!

f:id:sorenan:20210201124629j:plain
〒233-0002 神奈川県横浜市港南区港南区上大岡西1丁目15−1 Camio2F


赤い看板がお出迎えです。

壱六家系統のお店は何度か食べているが、壱六家を最後に食べたのは横浜店です。

もう潰れました(笑)

大分久しぶりなので期待しちゃいます。


メニューはトッピング類が少なめだった

f:id:sorenan:20210201124639j:plain

ラーメンは700円です。
勿論醤油と塩が選べます。

ここは完全オリジナルでつけ麺もやってるらしい。
マニアなら気になるところではありそうだ。


チャーハンは宇宙一拘っているらしいが、それならチャーハン屋をやるべきでは?というツッコミは野暮か。


メインはチャーシュー麺とネギラーメンくらいであとはトッピングでバリエーションを付けたいのだが…

トッピングは卵やモヤシ、メンマや海苔だったりと種類が少なめでしたね。

ほうれん草はなかったのが残念だが壱六家はどこもそうだから仕方ない。


ここはラーメンのクオリティーに期待しましょう。
券売機で食券を購入して席に着く。

麺固めでお願いしました。

f:id:sorenan:20210201124649j:plain

卓上のアイテムで変わっているとすれば無臭ニンニクと一味生ニンニクの二つが置いてある部分か。

普通のニンニクは置いてませんでした。
基本私は無臭ニンニク派なので特にどうも思わない。

辛いの苦手だから一味生ニンニクは手を出せません。


ラーメン¥700、小ライス¥50、味付けネギ¥150

f:id:sorenan:20210201124722j:plain

やってきましたネギラーメンとライス!
ネギは別皿提供なのがナイスです。

とりあえず家系らしい見た目が安心感を与える。
ウズラの卵もまさに壱系の特徴です。

見た目は意外と茶色分が濃いですね。
壱六家というと豚骨強めな印象があるが果たして?

いただきます。


スープは豚骨出汁は感じるが意外と大人しいという印象です。
醤油感よりやや優勢かな?という感じ。

塩気もまずまずで美味しいと思います。
予想とは少し違った味わいですが、旨いので問題はない。

f:id:sorenan:20210201124732j:plain

麺は固めなので良い感じの弾力とモチモチ具合です。
角張った四角い形の麺は美味しい(^q^)

スープとの絡みも十分かな。


チャーシューは長方形の形をしています。
見た目はまるでベーコンだが、意外と柔らかめでほんのり燻製の香り。

個性的な見た目に反して王道の旨さでした。

f:id:sorenan:20210201124743j:plain

そしてネギは器にこんもりでボリュームは文句無し!

味付けされているならばなるべくスープに浸して味を変えたくはない。

後半にぶちこむとして、ライスと一緒に食べてみたが…


意外とネギが辛いです!
鼻に来るタイプの辛さ、ツーンと来るぞ。

これはまずいですね…
どうしようか。

ここはスープに浸して辛味を中和しなければなりません。

海苔が意外と仕事してくれましたね。
ライスが二つの意味で進みます。

f:id:sorenan:20210201124756j:plain

早めにぶちこめば見慣れたネギラーメンのあるべき姿に変身です。

これで少しはマシになったかな。
しゃきしゃき食感はクセになるが、やはり辛味に勝てない。


諦めて無臭ニンニクで味変!
旨味は増すが辛味に拍子がかかる。

お酢で少しマイルドにさせてとりあえず食べ終わりました。

ごちそうさまでした。




久しぶりの壱六家だったがこういう感じだったかというのが第一の感想。

先日食べた「源絆家」の方が豚骨濃度は上でしたね。
「源絆家」で醤油豚骨ラーメンほうれん草増しとライスを食べる。「壱六家」譲りのスープとコシのある麺との相性は抜群で良し! - 食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ(Atopic Transverse Myelitis Intractable Disease Blog)


味は普通に美味しかったです。

強いて言えばトッピングのバリエーションがもう少し欲しいといったところか。


この辺りは家系ラーメンが結構多くて激戦区と言ってもおかしくはない。

その中で生き残ることができるか?
マークしておきたい。


ではまた