食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ( Intractable Disease Atopic Transverse Myelitis Blog)

年間3000km以上散歩して沢山食べて生きている難病患者です。主に希少難病の存在や経過、散歩やラーメン類についてのブログ!

「麺屋はなび町田北口店」で限定の牛スジ台湾まぜそば甘口を食べる。結局「甘口の濃厚まぜそばしか勝たん」という結論で落ち着いてしまった。牛スジと甘口の相性は抜群でした!。

こんにちは
難病を食べ歩きで誤魔化しているそれなぁんです。

最近気分が乗らないから誤魔化しもできないという状態、参るネェ…



さて、ついに「麺屋はなび」での辛さとの戦いもこれで終止符を打つ!

辛いのが無理な私が一辛、0辛ときてようやく甘口を食べる時がきたのです。

ということでいよいよ本命の甘口セレクトで挑戦しようということで行ってきました。

麺屋はなび編、一応完結??


「麺屋はなび」で甘口台湾まぜそばを食べよう!

f:id:sorenan:20210418131508j:plain
〒194-0021 東京都町田市中町1丁目2−3


ということでいつも通りやってきた「麺屋はなび 町田北口店」です。

言ってなかったがここは昼間だけ「麺屋はなび」として営業していまして、夜は「ぼちぼち」というお好み焼き屋に変身するんです。
二毛作とは違うが、まあそういうスタイルのお店はありますよね。

私はお好み焼きが好きではないので行くことはないだろうと思っていました。

どちらかと言えばもんじゃ派です。


しかし、まさかの展開がありました。


ぼちぼちコラボ限定「牛スジ台湾まぜそば¥1290」やってます!


お会計直前のメニュー表を見て気になりました。

頼んだことないド肉を頼もうかなと思っていたが予定変更です。


甘口頼むのは確定として、折角だから限定まぜそばを食べようと思いました。

値段は少し高いが、今回も大盛り無料券があるのでレッツチャレンジです。

というか、ここは値段高めなのが毎度ネックですね。

台湾まぜそばの値段は基本高めという認識だが、その中でも高いと思います。

どうなんでしょうね?

f:id:sorenan:20210418131509j:plain

今回はニンニクありでお願いしておきました。

0辛で行ける私ならばもう甘口が一番美味しく感じられるだろうという確信があったので安心できますね。

牛スジ肉なんてあまり食べないけど、甘口の味付けでよく食べるイメージがあるから多分最高のコンビネーションになるのではないだろうか?


ということでしばし待ってやってきました。
今回で台湾まぜそば戦争は終結しそうです。

長い実験の結果と結論を出す時!




牛スジ台湾まぜそば大盛り¥1290

f:id:sorenan:20210418131526j:plain

王道の見た目だが牛スジ肉が盛られているのが特徴です。

まあ合わないことはないので安定ではあるが、このコラボで「ぼちぼち」にも触れられたということで良しとしておきたいですね。


ということで嫌いな人間を思い浮かべてぐちゃぐちゃに混ぜてやったらいただきます。

ストレス貯まってる人にオススメね。

f:id:sorenan:20210418131549j:plain

流石甘口だけあって辛さは皆無!
もう水も昆布酢もいらないレベルですね。

というか0辛とこんなに違うとは思わなかった。

もう勝ち確ですよ。
やったね。


甘いミンチにニンニクとニラのパンチ、ネギのアクセント、実に美味しいです。

文句無しに旨い!


牛スジはシンプルな味なので牛肉のコクと甘味がよく感じられる。

甘口濃厚系のまぜそばですね。
私が最も好みなタイプですよ。


何回か言ってるのだが、私は塩気よりも甘口の方が好みな傾向にあります。

そんな私にうってつけの味です。


辛いのが嫌いだけど台湾まぜそば食べたい民は甘口で頼めば大丈夫!

ついに私の中で台湾まぜそばの完成形が出来上がったという感じです。


もう麺をあっという間に片付けたら追い飯タイム!

f:id:sorenan:20210418131603j:plain

牛スジを多めに残しておいたら牛スジご飯の完成!
これだけでメニューになると思いますよ。

シンプルな甘さがクセになるやつだな。

味変の必要も無しに最後までノンストップで食べられました。


もう甘口しか頼みません!
ごちそうさまでした。




結論!甘口しか勝たんわけよ

とりあえず私の中で出した結論は甘口の台湾まぜそばしか勝たん!ということ。
特に牛スジとの相性、青ネギとの絡みはまさに言うことなしということに気が付きました。


とりあえず辛さがこうして選べるならば、甘口の台湾まぜそばを食べに行くということで「麺屋はなび」を選ぶことは理由として十分過ぎますかね。

辛いのつよつよならばそんなこと気にする必要はないが、雑魚には死活問題です。


辛いのが苦手なんてお子様舌ね~と言われたら私はいつもこうして返します。

「うるせぇマゾヒストが!」


ではまた