食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ( Intractable Disease Atopic Transverse Myelitis Blog)

年間3000km以上散歩して沢山食べて生きている難病患者です。主に希少難病の存在や経過、散歩やラーメン類についてのブログ!

8月の病状と歩行距離の報告。これから涼しくなれば痺れも楽になるだろうか?

こんにちは
指定難病アトピー性脊髄炎持ちのそれなぁんです。


8月も終わりいよいよ9月に突入です。

以前ならば8月なんてあちこちに生き物を探しに行ったりと非常に活発的な一月になっていたはずだが、今年は全くです。


個人的ながら一つ歳を取った月でもあります。

これで残り三年弱、それまでに己の人生の決着を着けられるのか?

いよいよ佳境に入ってきたかと思います。


ということで8月の結果報告と参りましょう。



8月の病状と歩数計の経過

ということで乗り気じゃなかった8月だが、歩数計の結果は良好です。

どこかに遊びに行って歩くということはしてないが、稼いでおります。

f:id:sorenan:20210902112959j:plain

約260kmでした。
1日9km弱、結構歩いてない?

雨の日が多かったから少なくなると思ったが、晴れた日に無意識に挽回していました。

最近最も歩けるのは夜勤明けの日なのでその時にしっかり歩いているという状況です。



そして8月迄の今年の累計は約2400km!

つまりのこり600km歩けば年間3000km達成です。
もう鼻くそほじりながらでも出来るでしょう。


これからは涼しくなれば更に歩きやすくなるだろうということで、むしろ距離伸びてしまうのではないかとも思うが…


まだこれだけのペースで歩けている分病気の状態は悪くもなっていないということで安心しましたね。

残りも気を抜かず続けます。



そして体調についてはウートフ徴候強めの日が多かったなという感じです。

けど私は人より暑さの耐性は強い方だと思ってます。


というのも私の仕事場は暑いところだと40~50℃になるので夏の気温でバテている場合ではないからです。

まあ、流石に対策を被りながらではないととても活動できませんけどね~。


ともかくそのおかげもあり身体が痺れながらでも動くことに抵抗が少ないという事情があります。

それが長い距離歩けている理由の一つです。


先の事を予測すればそれも長くは続かないだろうから、今のうちに貯蓄しておこうと思います。



身体の状態も痺れと感覚鈍麻くらいでずっと変わりません。

ワクチンもこれから二回目なのですが、副作用皆出ているのでそこは覚悟しておこうと思います。


懸念すべきは高熱が出たときのウートフですよね。

入院中の37.5℃でも全身痺れて動かせなかったのに、39℃とか出たらどうなるか?

想像もしたくない。


まあそんなことにビビっていては生きていけないのでとっととワクチン二回目終わらせてやりますかね。


これからも私は歩き続けます。

皆さんもリハビリがてら遠い距離歩いたり、このご時世は特にオススメできますので是非…



そういえばオープンチャットにようやく同じ病気の人が来ました。

これからも世界中の同じ病気の人を掌握(?)できれば良いなぁ…

ではまた