意外と元気な難病野郎Sorenan’s Atopic Myelitisブログッ

指定難病アトピー性脊髄炎になった私の難病雑記ブログです。病人らしくなく過ごしてます。

地獄の高校生活の始まり

不穏な題名ですが別に暗い話ではありません。

私は学校生活で虐められたりしたことはないですが、高校入学してすぐに地獄がまってました。

アトピーの発症です!

アトピーアトピーと言うと私はどうしても脊髄炎を意識してしまいますが、皮膚炎にも相当苦労させられました。

過去形にしてるのは今は別に苦労してないから。

今はアレルギー薬とステロイドで落ち着いてるんで特に気にしてないです。

多分薬飲まなくても大した症状は出ないかと…
とりあえず振り返ります。


始まりは高校に進学したまさにそのタイミング。
いきなり現れたんですよね。

全身赤くなり、顔からは膿が滴り、カサブタまみれになり、火傷のような痛みと痒みに襲われました( ´_ゝ`)

もう顔はトマトみたいに真っ赤になってピッコロのような緑色のカサブタがおでこにできました。

もう授業とか集中できません!
のわりにクラス順位一位でした。謎です(笑)


部活動は水泳をやってましたが、塩素水がまた肌に効くんです!(悪い意味で)

一瞬お肌がツルツルからのデロデロです。汚いけどこう表現する他ないっす(^-^)

ビジュアル的にも気持ち悪かったです。
キモイ展いけますおそらく。

どうやらアトピーは生活がガラリと変わるタイミングで発症するというパターンがあるようです。

まさに狙ったようなタイミングと言いますか…


多分、高校生活が楽しみ過ぎて免疫も浮かれちゃったんでしょう。

わかるよその気持ち\(^o^)/


最初の一年間がずっとそういう状況だったんですが、今思うと何故学校に通えてたのか不思議で仕方ないです。

どんな状況でも人間慣れますからそのおかげでしょうか。

とにかく近くの皮膚科へ行きました。

そこでは触診と問診だけして『自家感作性皮膚炎』と言われました。
難しい名前だなおい。

素人ながらも私はアトピーを疑いましたが、医者が言うなら違うだろうと納得。

塗り薬をもらうとだいぶ楽になりましたね~。

とりあえずこれで地獄の皮膚炎祭りから脱却しました。


ですが定期的にぶり返すんですね。
いたちごっこなんて言い方がありますが、正にそれです(-_-;)

ピークは越えても痒みはやはりQOLを低下させます。


調べると隣駅に評判の良さげな皮膚科クリニックがあるではないか!

ということでそのクリニックへ行ってみます。

血液検査をします。

『アトピーですね』と。

はああぁぁん( -_・)?ですよ。


ともかくこれでアトピー発覚しました。

最初の医者なんやねん。
ヤブに当たったということか?

それ以降一度も行ってません。当たり前だな。


そこでも塗り薬と飲み薬をもらってしばらく通いました。

それ以降は多少の痒みがあるくらいです。
皮膚がキモいことになることは今日までありません。


今の状態を考えたら痒みなんてあまり気にならないんですよね(^^)d
痺れとか感覚障害やら厄介事が増えましたんでね。

ですがアトピー性皮膚炎の全盛期は正直脊髄炎より辛かったです、今考えると…


脊髄炎では初めての入院からのステロイド大量注入とか血液濾過とか面倒なことやりましたがね。

意外に思われる方もいるかもしれません。


アトピーなんて今はメジャーですし、大したことないみたいなイメージ持つかもしれませんが、

重症の方は本当に生地獄と化します(´・c_・`)

私のIgE総値は検査した時で3000程度でした。

多分一番ピークでも4000くらいかなと勝手に思ってますが。

ネットで10000オーバーとかの話を聞くと身震いしますよ。

ドラゴンボールの戦闘力じゃないんだから…


皆さんの中にもアトピーの方勿論いらっしゃると思います。

多分今まさに苦しんでる人もいるよね(´・c_・`)

私はこれを期にステロイドデビューしました。


しかし数年後まさかこうなるとはね~。

今ではステロイド浸けです。漬け丼になりそうです(^q^)

仕事の関係で怪我とか事故とかはもしかしたらと考えたことありますが、不治の病になるとは思いもしませんでした。

素敵なサプライズありがとう神様!(皮肉)

こういう時神様って便利だなと思います。

何かに入信しようかね(*_*)

それで病気が治るんならすぐにでも熱烈な信者になりますが。

紹介とか歓迎しますよ。

ではまたね