食べ歩きまくる難病アトピー性脊髄炎ブログ( Intractable Disease Atopic Transverse Myelitis Blog)

年間3000km以上散歩(リハビリ)して沢山食べて生きている難病患者です。主に希少難病の存在や経過、散歩やラーメン類について語る!

鴨居「横浜ラーメン厨房うえむらや」名物キャベ玉ラーメン青菜増しを食べる。新鮮野菜とあっさり家系スープが最高に美味しかったのでオススメしておく。

こんにちは
指定難病アトピー性脊髄炎(Atopic Myelitis)の食べ歩きブログをやっているそれなぁんです。


今の敵は皮膚炎の方だが、だからと言って行動を控えるなんてことはしません。

やれる時にやれる事をやっておかねばなりません。



この日は珍しく前々から行こうと思っていた家系ラーメンのお店に行くことに。

近場だけど店前を通る機会が無かったから縁が無かったお店です。


結構な人気店らしいので気構えて行こう!






「うえむらや」か「キャベ玉や」どっちが好み?

お店は「ららぽーと横浜」近く、産業道路沿いにあります。

この辺は家系ラーメンのお店が密集してます。
結構激戦区になるのではないだろうか?

久しぶりに歩いて知ったのだが、「一二三家」の近くに「町田商店」がオープンしてた。

なんだか賑やかになりそうです。

近くには「みさき家」もあるし、飽きが来なさそう?



さて、私は家から歩いて一時間半!
ようやくお店に到着です。

久しぶりにノンストップでこの時間歩いたな~。

新幹線なら新横浜から名古屋へ行けてしまうではないか。


〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4853−3


「うえむらや」に到着です。

最寄りの鴨居駅から徒歩20分くらいはかかるかな?
そう書くと結構遠い気がする。


けど、ららぽーとに来た次いでに行けばそんなに遠く感じることはないはずです。

車で来る人も多いので、むしろそういう利用客が多いかもしれませんね。



以前は霧が丘にもお店があったのでそっちに行ったことはあるのだが、いつの間にか潰れてしまった。

今ではここだけのはずです。

看板にでかでかと掲げているのはキャベ玉ラーメン!
商標登録しているようです。

そんな家系ラーメンなんて珍しいかな?


お店の看板メニューであり、今回の目的でもあります。


横浜ラーメン厨房 うえむらや
ホームページはこちら





メニュー

ここはラーメンが600円なので安い!
このご時世この値段は強いですね。


ラーメンも色々種類はありますが、味は醤油豚骨のみ!

ここに来たらとりあえず野菜入りのラーメンをオススメしたい。

新鮮な野菜が美味しいですよ。


キャベ玉ラーメンはキャベツと玉子入りで850円なんてかなりお得だと思います。


トッピングもリーズナブルだし、餃子やチャーハン等のセットも充実しています。


季節の青菜は多分値段変動によってほうれん草と小松菜を使い分けているということですかね。

どちらにしても農家直送の野菜ということで、好きならば頼むしかないでしょう。

ほうれん草増し大好き私は勿論追加しますとも!

特にここはキャベツを推していることはよく分かりますが、なんと「きゃべ玉や」を公式の愛称としたらしい。

これがどれくらい浸透するのか?

私は「うえむらや」が言いやすいからそのままでいいかな。

ちなみにこの日は祝日のお昼時でしたが、満席です。

常に待ちが出来ていました。
人気店ですね。


一人客だとカウンター席が多いのであまり待たずに座れると思います。


車で来ている人は別で行列になってました。

複数人で行く場合は覚悟しておくべきですね。






キャベ玉ラーメン中盛¥950、季節の青菜¥100

お好みは普通でお願いしました。

中盛りなので器も大きくて迫力あるが、最も目立つのはキャベツ!

まるで帽子みたいな物がどーんと乗ってます。
そして負けじと青菜もこんもり!

もう野菜の摂取義務はこれで良いんじゃないか?


ということでいただきます。

スープはあっさりだけど旨味がしっかりしているので蓮華が進みますね。

ただ薄いだけではないのが流石です。
薄いのは罪悪感だけ!

これならグビグビ飲めます。

鶏油と合わさるとバランスの良い家系ラーメンという感じです。


ライスが進むタイプとは少し異なるが、十分です。
合わないことはない。



麺は柔らかめでムッチリした食感、スープをよく吸ってくれます。

なんというか、家系ラーメンを毎日食わなきゃいけないとするならばここはかなり重宝しそうです。

老若男女満足いく一杯だと思います。

すごく美味しい!

玉子はやや固ゆでだが、ねっとり系の黄身にスープを浸すと安定の旨さです。

埋もれて目立たないけど、影の立役者みたいな存在?

季節の青菜はお店の宣伝通りの新鮮さ!
シャキシャキで色も濃いめ、シンプルに生野菜が美味しいです。

やっぱり野菜が旨いラーメン屋は名店なわけですよ。


ここのほうれん草や小松菜は質がかなり良いと思われます。
これはトッピングしないと損でしょう。

チャーシューは小振りながらも柔らかく肉の甘味と旨味文句無し!

これはライスとかチャーハンともよく合いそうです。

キャベ玉ラーメンにチャーシュー増しとかしたら、もう完全栄養食になってしまうのでは?



そしてメインのキャベツ!

流石のボリュームも然ることながら、余計な味付けもしていない。
なのに美味しいです。

キャベツ特有のえぐ味とか一切ありません。


スープを薄めてしまうかと思ったが、杞憂でしたね。

キャベツ推しなだけはあります。


家系ラーメンとキャベツは名コンビだと思うが、ここは特にそこを強く意識させてくれると思います。



夢中で食べてたら味変するまでもなく食べ終わりました。

パンチが欲しいならばニンニクとか使えば余裕で出せるので問題ありません。

というか、別に味変いらないレベルです。


混雑の中颯爽とお店を出ました。
エネルギーと塩分補給完了です!

ごちそうさまでした。



感想は「バランス良しボリューム良し味良しの家系ラーメン」ということでかなりオススメできそうです。


レビューで知ってはいたが、あっさり系だと聞くと何となく敬遠してしまっていました。

けど、想像以上のクオリティで良い意味で裏切られましたね。


とりあえずここの看板メニューキャベ玉ラーメンは迷ったらとりあえず選んどけば良いくらいの安定度なので是非!

とりあえず10km以上歩けたので及第点かな?

帰りはららぽーとに寄ってぶらりしました。


空腹というスパイス効果もあったから多分皆さんの想像より遥かに旨く感じたのかもしれない。

やっぱりウォーキング最高なわけね。


ではまた